123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017-09-29 (Fri)

早いもので9月ももう終わりですってよ、奥さん。






この一ヶ月、何をしていたかって言うと…



ぶっちゃけ、カスタムドールだけでしたわw



一ヶ月で6体も手をかけるって自分でもびっくり。



10月中には衣装も仕上げ、今年中には何としても物書き



復帰したい所ですわね。



正直、このままだと枯れるかなと焦り始めてます。はい。



でも、物書きさんのツイートを眺めてて羨ましいなぁと



思うことが増えてきたので、まだ干上がってはいない筈。



下手に焦らずに慎重に行きますわ~



 



スマホを与えられ、野球部の連絡LINEに入れてもらったけど、



発言がある度にチリンチリンと鳴る筈が全く鳴らない。


雑談で盛り上がってるタイミングを逃して涙を呑むことしばしば。



半泣きツイートを垂れ流していると、フォロワーさんがこれは



試してみた?と差し出してくれまして。



そこで初めて気が付いた。



LINEって通知のオンオフの表示は逆の意味だってことを。



スピーカーに斜線が入っている時は通知が入る。



ここをちょんしたら通知オフに出来るよって意味だったのね。



ずっと逆だと思ってた。 これでは鳴らぬわw



ほーんと、文明の利器に付いてくのも大変ね。





10月も更に元気が出るよう、顔を上げて参りますわ。

| あれこれ徒然 | COM(0) | | TB(0) | |
2017-09-24 (Sun)

この間、久し振りに仕事中に短編のネタになりそうなものが



浮かびまして。就業中はそれを頭の中でコロコロと良い感じで



転がせたので、これは良き塩梅だとほくほくしておりました。



でも、家に帰ってメモを取ろうとしたら… なんだったっけ?状態。



およよ。



私は痴呆まで併発してしまったのかい? これは由々しき問題。



DQ11の話だったんだけどなぁw



せっかくの夢の尻尾、取り逃がしちゃったか?



まあ、その内にひょっこりと顔を出すこともあろうて。



その時は一気に踏ん縛ってやるということで今日は勘弁しといたろ。



ほら、あれよ。



シャンパンに入れたレーズンが炭酸でふーっと浮き上がって、



ふよふよ~とまた沈んじゃうあんな感じが続いてる。



浮いたり、沈んだりで同じ所を行き来してるみたいな。



レーズン、干しぶどう。 私、萎んで枯れてるなんてこと…



無いとは言えないが、浮き沈みしている間にレーズンが



水分を含んで少しぷりっとした感じが出ることもあるさ。



じゃんじゃん酒持ってこーい!なんて言わないけれど、



安定した炭酸成分の補給と、壊れた貯蓄槽の修復は



急ぎたい所ではあります。



書きたいと思うことは、まだ私は完全な干しぶどうには



なってないと思うから。 いや、思わせて♪

| あれこれ徒然 | COM(0) | | TB(0) | |
2017-09-13 (Wed)

折につけて触れてはおりますが、私は中坊時代に高千穂遥氏と



新井素子女史の作品に触れることがなければ、物書き趣味は



きっとしていなかったと思います。



その中でもこのクラッシャージョウシリーズは人生の分岐点に



立ったと言っても過言ではないのです。はい



 



来春劇場公開とのアニメ誌の小さな巻末記事は今でも記憶の隅に



明確に残っております。これは何?とした軽い気持ちから原作を



手にしたのが全ての始まり。今まで図書室にある児童文学系が



中心だったお子様がスペースオペラという衝撃の世界を知り、



そこから爆発的に古今のSFやファンタジー小説を読み漁ることに。



不本意ながら行くことになった高校の図書室は私立の見栄で



膨大な蔵書と潤沢な予算で古い本から最新刊まで揃ってました。



今でいうラノベ系も漫画でなければ申請を出せばホイホイと



購入してくれるという太っ腹ぶり。



ここで栗本薫女史のグイン・サーガ、田中芳樹氏の銀英伝、



藤川桂介の宇宙皇子を読み倒し。



ゲド戦記も指輪物語とした海外ファンタジー、古典SFもここで。



ファンタジーはイギリスやヨーロッパ系が本場の強味で面白かった。



国や民族特有の神話を持っていない国であるアメリカはSFが



そのコンプレックスを補うものとして盛んで読み応えがあった。



日本はまだ小松左京や筒井康隆がこういったジャンルの



最前線を担っている時代。 色々とええ時代やった。



さよならジュピターは荒唐無稽で面白く、ユーミンの歌が泣けた。



時をかける少女はな、原田知世版やねん。断然、こっちやねん。



とまあ、話は逸れまして。



ええっと、どこまでいったっけ? そうそう!



 



私にとって心の師匠の一人であらせられる高千穂遥氏の



クラッシャージョウのコミカライズ連載が始まりました。



しかも! 私が初めて買ったのがシリーズの第二巻。



その話ですよ! 個人的にもめっちゃ嬉しいったら♪



一巻から始めないという所が実に上手いっ! 美味しいっ!



原作のイメージが全然崩れてない! これはすごいっ!



これはマイブームの再来かと。



当時はしがない子供でしたが、今はそこそこ御布施出来るよん。



でも、単行本派だけどw 他に読めそうな連載作品なかったもん。



とまあ、そういう訳で。



 



うちのDQ3にも少なからずの影響のある作品の華麗なる再始動は



実にめでたい! ばんざーい!



お若い方はあまり知らないかと。お時間ございましたら是非♪







えっと、コンバトラーVの超電磁ヨーヨーを作ったのはこの方です。





https://togetter.com/li/158361
 雑談ですが

| あれこれ徒然 | COM(0) | | TB(0) | |