12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2019-04-19 (Fri)
お陰様をもちまして、本日、DQ3長編二次小説「時空の旅人」完結です。

平成の始まりと共に書き始め、途中で設定から全て再構築し直し、それをネットで連載という形で17年。平成の最後の満月の日に完結となりました。

まずはネットでの発表の場を維持して下さっているDQ小説同盟、盟主の朝来みきひさ様に心より感謝いたします。なかなか日の目が当たりにくい小説の集い場所があったからこそ、ここまで続けられていたのだと思います。本当にありがとうございました。

交流のあったサイトの管理人の皆様方にも色々とお世話になりました。様々な刺激や発想、視点とした勉強を沢山させていただきました。とても楽しく、有意義な時間を共有させていただきました。本当にありがとうございました。

そして、拍手やコメント、感想を贈って下さった皆様方の温かさにはすごく支えられてきました。
更新の度にぽんと投げていただける一言には、とても励まされておりました。全く反応がないってのは、本当に心が折れるんですよ。それを毎回、毎回救っていただいておりました。自分が力を入れた所をピシッと突っ込んでもらえたり、喜んでもらえたりとした反応が返ってくることは物書き冥利に尽きるばかりでした。コメント一つ書くにも、それなりに気力も時間も必要です。それをわざわざ私のために使って下さったこと、これには深く感謝しております。本当にありがとうございました。

久し振りに来てみたら話が進んでいて、リヴ達の成長ぶりを親戚のおばちゃん感覚で読んでしまいましたというコメントは、心からくほのぼのさせていただきました。リヴに関しては、こういう温かいお母さん目線なコメントが多かったです。ファスと一線越えた時は褒めていただけましたしね。

ムオルでのビイス、ダーマでのバーンの考え方や行動が自己中心的で大嫌いですというコメントは印象深くて、すごくありがたくて今でも心の祭壇に飾ってあります。敢えて嫌いだとちゃんと理論立てて言ってくれるなんてこと、こんな貴重な経験は一生に何度もありませんよ。それだけ彼の方の琴線に触れることが出来たのだなと感慨深く、未だにありがたく思っています。

ラストの二年ばかりは更年期障害の鬱っぽい感じが続いていて、更新が滞りがちでした。いや、完全に途絶えてました。
その間にも私の体調を気遣って下さったり、こまめに感想を贈って下さる方々には本当に救われておりました。色々とあって自棄になって筆を折ることまで考えるほどに思い詰めた時期もありました。それを思い留まらせてくれたのはコメント感想でした。本日、完走出来たのは、これらの温かい支えのお陰あってこそだと思っております。本当に、本当にありがとうございました。

最後に、主催サークルを畳んだことで消える運命だったリヴ達を引き戻してくれた正臣兄さん。
兄さんが文通の合間に (25年前は文通が交流手段だったのよ) 便せんの裏や用紙にリヴ達を描いてくれていなかったら、再構築をして書き直そうなんて発想や行動はありませんでした。リヴ達を繋いでくれて本当にありがとうございました。兄さんの助けで無事に完走することが出来ました。ありがとうございました。

軽い気持ちで書き始めた時には思いもしなかった長い期間、長い長い文章となりました。
ここまで来ることが出来たのは、今まで出会ってきた沢山の方々のお陰です。
本当に長い間、ありがとうございました。

| サイト更新 | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する