あれこれ つれづれ DQ10

2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOPスポンサー広告 ≫ 人間っていいなTOPDQ10 ≫ 人間っていいな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

人間っていいな

早く人間になりたぁ~い!
闇にかっくれて生きる、俺達ゃ妖怪人間なのさ♪

 「妖怪人間って… なんつー古い歌をそんなに楽しげに歌うのよぉ」
「姉ちゃん、知らないの? この続きはね、人に姿を見せられぬ、獣のようなこの身体」
「いやいや、そういう話じゃなくってね」
「はいはーい! それ位のことは私でも分かってますよーん!」
「人間の姿を取り戻し、ネルゲルを撃破してのバージョン1のクリアだよ」
「おっめでとー! そして、色々とご助力賜った皆様、ありがとうございます!」
「無事に三人共に人間の姿を取り戻せました。ありがとうございました」
「陰に日向にのご援助、ご助力等々、本当にありがとうございました」
「お兄様、ありがとー! お姉様達、大好きー!」
「これからもどうかよろしくお願いいたします」


20160317-2149_314554503.jpg

 「いやあ、お兄ちゃん。背が縮んだねぇ…」
「ですねぇ。これにはこっちもびっくりでした」
「走り方も無駄に手足を振りかぶっててバタバタしてるしー! それ、ウザいから!
魚の走り方が必要最小限のたるい感じだから、すごい空回りしてるように見える。
マントが魚と比べてバッサバサと左右に揺れる揺れる。めっちゃ、うっといねん!」
「散々っぱら言ってくれますねぇ」
「お兄ちゃんは極力人間にならず、ウェディでいてちょうだいね♪」
「へいへい」


20160320-1821_315218714.jpg

 「続きましては、お姉ちゃん!」
「盛り髪と髪の色はプク時代そのままに、人間の姿でーす♪」
「きゃあw お姉ちゃん美人! 中のお母さん好み♪」
「やっほい!」
「誰よりもお母さんが人間に戻したかったのは、リィード姉ちゃんでしたー!」
「プクのちまちまっとした感じも可愛かったんだけどな。まあ、でも…」
「でも? え? 何?」
「ああ、うん… いや、別に大したことじゃない。どっちも可愛いから、いい」
「ふーん」
「何だよ、その目わ…」
「お姉ちゃんのムチを振るった時の足捌きが色っぽいのよねぇ?」
なんなら、お母さんに言って短いスカートの衣装にしてもらおうか?」
「いい。世の中にはチラリズムというロマンがあるの。このままほっておいて」
「あぁ? なんじゃ、そりゃあ~? お兄ちゃん、スケベだったのね?」
「良いだろ、嫁に対して位っ! 別に他所の女の人にって訳でなしっ!」
「あ… 泣いちゃった… すまん、すまん。いい年して泣かなくても…」

20160321-0736_315353457.jpg


 「はい、はい。次はたゆちゃんね」
「膝に突っ伏す奴をそのままに、何事もなかったようににこやかに話を続けるか…」
「なあに?」
「いえいえ、こっちの話。人間の私はリィードお姉ちゃんと同じ顔でした。
お母さんが何も考えてなかった証拠ですね」
「髪型とその色、瞳の色が違うだけでずいぶんと雰囲気が変わるもんよね」
「そうよね。でも、パターン数は決まってるから、これは仕方ないよね」
「次のバージョンアップで髪型が追加とか見たような気がするけど…」
「それは良いね! 私は人間でもおかっぱがいいんですけど」
「たゆが人間の髪色を白っぽく変えちゃったのはそのせいか」
「まあね」
「…たゆは人間になったらめっちゃ肥えた。お兄様からいただいたフリフリ服が、
ぱっつんぱっつんの、腕なんかぷにぷにの、たぷんたぷん… みっともねー」
「そこ! 膝に顔を埋めながら何を言うか! それは禁句じゃ!」
「でも、人間だと同じ仕草でも微妙に表情とかが違ってて楽しいのよねぇ?」
「あれは楽しい! お兄ちゃんは人間でも魚でもほほえむとアホ丸出しの顔くせに」
「男は無闇矢鱈に微笑みません。硬派一筋」
「そこから微妙に外れてる奴が言うな。いい加減、膝から顔を上げろ馬鹿兄」

20160321-0759_315354909.jpg



 種族の方に慣れ親しんでしまって、いきなり人間に戻された時には戸惑いましたね。
顔も何もすっかり忘れてました。兄と妹の姉妹はリィードでしたから、はいはいwでしたが。
リィードの姉妹がビイスだったということには、PCに向かって思わず前のめりでした。
いつかビイスでオフラインやってみようかなぁw

まずは最初の目的の人間になれました。 私はネルゲル征伐なんて目標にしてなかったよw
次はレンダーシアに渡って勇者姫の手助けとのことですが… 知らんがなw
私はまだまだバージョン1のクエストを消化してないし。
実を申しまして、この三人はドワチャッカ大陸のイベントを全くクリアしておりません。
たゆはポツコン2号呼ばわりされて、誰かを追いかけろと言われたけどほったらかし。
兄姉はそのフラグすら立てていない。でも、全員、水晶宮にルーラーストーンを置いてる。
駅を開通させようと思って、頑張って遠征してきたよー
同じ状況でガートランドも開通していなかったのを今思い出したし。
と、魔法の迷宮にも挑戦してないや。ああ、もう! 数えるのが怖くなってきたw
我ながら、定石というものを守らない困ったちゃんでございます。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。